「えいごのおはなし会」バイリンガル絵本クラブ

onoaki

こんにちは、akiです。

毎日暑い日が続いていますね。

先日バイリンガル絵本クラブ「えいごのおはなし会」を開催しました。

インストラクターになって初めてのクラブ開催。

久しぶりに人の前で話すことに緊張したのか、夜中に何度も目が覚めてしまい、ぐっすりと眠ることができませんでした。

朝になると、

「ママ、今日読み聞かせだよね。頑張ってね!!」

と子どもたちに激励され、いつもよりも早めに娘を保育園に送りました。

教室の窓から見ている娘に、入り口を出たところでバイバイするのをずっと(2年以上)続けているのですが、その日はなぜか

「バイバイいいからー!」とたくましく言い放ち、教室に向かって走っていく娘。その後ろ姿に成長を感じつつ会場に向かいました。

おはなし会には、1歳〜2歳のお子様とそのお母様たちがご参加くださり、とても和やかな雰囲気の中で英語絵本の読み聞かせをさせていただきました。

「やっぱり、対面での読み聞かせが好き!!!」

クラブを終え、心からそう思いました。子どもたちの反応を見ながら絵本をめくっていくのがもう楽しくて楽しくて。絵本を読み始めると、小さなお顔がいっせいにこちらを向いてくれたことに感動。そして、ママたちが英語絵本について興味をもって話を聞いてくれたのも嬉しかった!

本当に開催してよかった!と思える初クラブとなりました。

全体での読み聞かせが終わってからも、それぞれが好きな絵本を手に取り、親子で楽しむ姿がありました。「お気に入りの英語絵本との出会いの場に」という思いから、自宅の本棚にあるできるだけたくさんの絵本をカゴいっぱいに入れて持っていったため、大変喜んでいただくことができました。

バスが好きな子にThe Wheels on the Busの絵本を歌いながら読んでいると、自然と周りにバス好きboysが集まって来たり、1歳の子ども同士での関わりも見られたりと、充実した時間を過ごしていただけたかな、と思います。

「いつもじっとしていられない子なのに、今日はずっと集中してお話を聞いていてびっくり」というママのご感想や、

「歌の絵本っていいですね。これならうちでも始められるかも」

「この絵本が気に入ったみたいなのでさっそくAmazonで買ってみます」

というお声もいただき、もう本当に嬉しい限り!!

また、「英語絵本って色も綺麗なものがたくさんあって欲しくなっちゃいますね」

「見ていると大人が集めたくなっちゃいますね」

というご感想から「そうなんですー!私も同じなんです!」

と、ついつい英語絵本の魅力を色々と熱く語ってしまいました。

そんな私の話を真剣に聞いてくださり、さっそく次回のクラブにも参加申し込みをしてくださったママたち。

インストラクターとしての大きな第一歩。素晴らしい出会いと幸せな時間に感謝。忘れられない1日となりました。

会場は自然豊かな山間部、空気もきれいな場所での開催でした。

ご参加くださった皆さま、暑い中、遠くまで足を運んでくださり本当にありがとうございました。また来月、素敵な絵本をご用意してお待ちしております。

ABOUT ME
aki
aki
えほんの先生
公立小中学校教員として15年間働く。子どもが生まれてから絵本読み聞かせを始め、たくさんの絵本に出会い、その魅力を知る。一般の家庭で実践できるバイリンガル教育の方法を広めていきたいと、現在は音読協会のバイリンガル絵本読み聞かせシニアインストラクターとして活動中。
記事URLをコピーしました