英語絵本読み聞かせ

うれしい出来事がたくさん、2023年の活動を振り返る。

onoaki

こんにちは、akiです。

私にとって2023年は、記念すべき年となりました。

英語絵本インストラクターとして活動を始め、

素敵な出会いに恵まれ、

好きな事を仕事として、伝える喜びを感じた日々。

今日は、そんな一年の中で経験した

うれしい出来事を振り返ります。

何より嬉しいママたちからの言葉

英語苦手ママ、おうちで英語絵本始めてます

「英語は絶対無理ー!!!」

と言っていた1歳の男の子のママ。

おはなし会の中で紹介した、簡単な歌絵本を見て

これならできそう!!と

おうちでも始めてくださったとのこと。

それから、他の英語絵本も取り入れたり、

図書館で英語絵本のコーナーをチェックするようになったりと、

英語絵本のある生活を楽しんでいるそう🎵

息子さんもお気に入りの英語絵本が少しずつ増えているようで

本当にうれしいです。

ママからママへ、素敵な出会いに感謝

子育て広場などの親子が集まる場所で

おはなし会のことを話題にしてくださるママたちも増え、

〇〇ちゃんママから教えてもらいました。

おはなし会にぜひ参加させてください!

とご連絡をいただくことも多くなってきました。

少しずつ、でも確実に伝わっている英語絵本の魅力

また、昨年はわが家の子どもたちが赤ちゃんの頃にお世話になった子育てサロンでも

ボランティアとして英語絵本を紹介させていただきました。

そこで聞いてくださっていたママの一人が

お子さんの通う園でのボランティアで

なんと英語絵本を読み聞かせしてくださったとのこと。

「教えてもらった絵本、読みました!」

「英語絵本についてもっと知りたいのでおはなし会にも参加させてください。」

と声をかけていただきました。

なんてうれしすぎる出来事!!

少しずつですが、地域に英語絵本の輪が広がっている事を感じ、

感動してしまいました。

前向きで行動力のある、素敵なママたちとの出会い

こんな出会いもありました。

ご自身のスキルアップに何か始めたい!と考えていたママ。

お子さんの英語教育についてもいろいろと考えていたところ、

英語絵本の読み聞かせについて知り、

「ぜひ始めたい!」とご連絡くださいました。

そうなんです。

英語絵本はお子さんはもちろん、

ママにとってもいいことだらけ

行動力のある、前向きなママたちの姿に

私自身が大変励まされ、活動の力となっています。

インストラクターとしての思い

私がなぜ、インストラクターになり

英語絵本の読み聞かせをおすすめしているのか。それは

「ママの声で行う、英語絵本読み聞かせ」

これが、親が子どもに贈る

最高のプレゼントになると思うからです。

大切な母語である日本語を第一にしながら

確実に英語力も築いていく

おうちで、その環境をつくってあげられるのはパパやママ

子どもの英語のために絵本を開くのではなく

親子で絵本を開くことで

自然に子どもの心と言葉が育っていくのです

親子で絵本を開くことができる時間は限られています。

ぜひ日本語絵本と一緒に、英語絵本も開いてみてください。

魅力いっぱいの英語絵本、

きっとそのすばらしさを感じることでしょう。

決意を新たに

2024年もたくさんの方に

英語絵本の魅力が伝わりますように。

今年もたのしく、私らしさを大切に、活動していきます!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ABOUT ME
aki
aki
えほんの先生
公立小中学校教員として15年間働く。子どもが生まれてから絵本読み聞かせを始め、たくさんの絵本に出会い、その魅力を知る。一般の家庭で実践できるバイリンガル教育の方法を広めていきたいと、現在は音読協会のバイリンガル絵本読み聞かせシニアインストラクターとして活動中。
記事URLをコピーしました